猫の舌出版

電子書籍出版「猫の舌出版」のブログです。

いったい何が起こった! ひよこの群れの中でおぼれる猫さまを発見

ひよこと猫。 普通に考えるのなら、一緒にいたらひよこが猫に食べられてしまうと思うのだが、この猫さまは「ひよこの海」でおぼれている姿を発見された。 Birds are buds, not brunch imgur.com ひよこのなかで、なにか陶酔したような表情でうごかない猫さま…

ネコ語の研究が本格始動! ネコと人間が話せる日が来るのは近いのか?

「なんかすごい話しかけられている」 猫と接っしていると、そう思うことがたびたびある。 「にゃーにゃーにゃにゃにゃ・・・・・・にゃ? にゃにゃーーん!」 とか、いきなり顔を至近距離まで近づけて鳴かれたりすると、よっぽど伝えたいことがあるのだとい…

猫さまにぴったり! マックのハッピーセットのおまけ「ドラえもんの鈴」

3月25日から配布開始された、マクドナルドのハッピーセットの「鳴るよ!ドラえもんの鈴」を実際に猫さまにつけたら可愛いとの情報をゲット。検証のため、すぐさま近隣のマックに行ってきた。 こちらが、マックのハッピーセット。ドラえもんのボックスが可愛…

猫も花粉症? くしゃみが止まらない猫さんの動画

花粉症の苦しい季節になりました。 飛んでくる花粉が鼻腔に入って、くしゃみ連発! なんてことも、花粉症に苦しむ人にはおなじみの光景でしょう。 こちらの動画の猫ちゃんも、花粉症さながらくしゃみを連発しています。その数なんと51回! そんなにくしゃみ…

アポロ飛行士が聞いた月の裏側の音楽をNASAが公開

宇宙は真空空間なので無音のはずなのに、アポロ10号に乗船した飛行士は、月の裏側で、「ヒューヒュー」いう不気味な音を聞いた。 1969年に起こったこの出来事は、NASAに報告はされたものの、録音された音源はこれまで一般に公開されないでいた。今回、その「…

トランスジェンダーならぬトランスニャンダー。自分は猫であると主張するノルウェー人女性

Photo: NRK P3 Verdens Rikeste Land/YouTube 「猫になりたい」と思ったことのある人は多いと思うけれど、自分は実際に猫で、間違って人間に生まれちゃったと思っている人はどれくらいいるのだろう。 こちらの女性はノルウェー人のナノさん。現在20歳のナ…

片目の猫クリちゃんはハワイのビッグウェーブを乗りこなす猫サーファー

[Image Credits:kulithesurfingcat] 世界広しといえど、サーフィンの本場ハワイの波をあざやかに乗りこなす片目の猫は、おそらく1匹しかいないだろう。 海での波乗りを楽しんでいるこのサーファー猫はクリちゃん。一般的に猫は水を怖がるものなのに、クリち…

iPhone 7からヘッドフォンのジャックが無くなる可能性が大

猫好きiPhoneユーザーのみなさま。どうやらiPhone 7 はヘッドフォンジャックが無くなるらしいです。 「Forbes」によると、中国のAppleのサプライチェーンがリークした情報らしい。AppleはiPhoneのデザインをよりスリムにスタイリッシュにしようとしているら…

猫に見張られながら買い物ができるロンドンのスーパーマーケット

[image credits:Nigel Thornberry] ロンドンのとあるスーパーマーケットでは、買い物客が何を買っているか、商品棚の上から見張っている猫がいる。 「奥さん、今日はパスタですか? 週末用にピザはいかがですか?」 「旦那さん、その商品はちょっとカロリー…

猫は流動体。彼らをヒモにつなげても無駄だということがわかる動画

猫をどこかにくくりつけるなんて無駄な考えだということを、この動画であらためて確認。 Unleashed imgur.com

猫にチョコレートを与えてはいけない理由

猫と人間の身体の機能は違うので、人間が平気で食べられる食品が猫にとっては危険な毒という場合があることは、猫を飼っている人にとっては常識であるはずです。 今日、テレビ番組でなにやら猫にチョコを与えるシーンが放送されたことで、愛猫家たちから非難…

猫と一緒に暮らすことの素晴らしさをイラストで表現してみると

[image source:Lingvistov] 猫と暮らすのは小さな幸せの塊と暮らすようなもの。 予期せぬ行動やささいなしぐさに、癒され、笑わされ、あったかい気持ちにさせてくれる。そして、ときにはちょっとびっくりするようなこともしでかしたり。 そんな猫との暮らし…

これで猫さまのようにいつでもどこでも寝れる。まくら内蔵の最強パーカー(フーディー)が登場

猫っていつでもどこでもすぐに寝れていいなあ。しかも、どこでも気持ち良いポイントを見つけて丸くなることができる、まさに眠りの天才。私たち人間もどこでもすぐに快適に昼寝ができたら、ずっと時間を効率よく使うことができるのになあ。 そんな、人間たち…

カンガルーやラクダとハイチーズ! 動物との自撮りマスターの写真が凄すぎる

自撮り棒が流行るなど、「自撮り(セルフィー)」はもはや日常の光景。連日さまざまなセルフィーがネットを賑わせておりますが、この男ほど動物との自撮りを極めた人はいないであろう。 Allan Dixon - Adventurerさん(@daxon)が投稿した写真 - 2015 12月 11 …

キリストではなく猫さま降臨。クリスマスの生誕風景に巧妙に混じり込んだ猫たち。

クリスマスシーズン、キリスト教の教会やキリスト教徒の家庭では、イエス・キリストが馬小屋で誕生したときの様子を再現したデコレーションを飾る習慣があるのですが、藁の敷かれた馬小屋は猫さまにとっても最高の居心地のようで、各地で「キリスト生誕」風…

宇宙飛行士になった気分だにゃ。ドーム型の窓がかっこいい猫用キャリーバッグ

猫と一緒に宇宙旅行はできなくても、愛猫を宇宙船に乗せてあげる気分を味わうことはできる。アメリカのペット用品会社「U-pet」から発売されているキャリーバッグには、宇宙船についているような丸いドーム型の窓があり、なかの猫様はそこから下界を見渡せる…

ちょっとラトビアに行ってくる。猫をあしらったコインが可愛すぎ。

コインのコレクターは世界にたくさんいるけど、まったく興味がない分野だった。 でも、今回は違う。ラトビアがコレクター向けに発行した銀貨のデザインが可愛すぎるのだ。 こちらの動画をご覧いただきたい。 何を話しているかはまったくわからないが、いかに…

水木しげるさん逝去。絶対に知っておきたい『幸福の七カ条』

ゲゲゲ・・・ 日本を代表する偉大な漫画家、水木しげるさんが死去された。 妖怪をこよなく愛し、自らの戦争体験を漫画の世界にも生かした。彼の描く妖怪はどことなく親しみがあり、「人間らしさ」が漂っていた。 三鷹市深大寺にある「鬼太郎茶屋」を訪れたと…

猫がブルブルしているときの瞬間「ぶるにゃん」。写真に収めたらかなりすごかった

猫がブルブルってするのは一瞬。 鼻水とかも飛んできたり、よだれが飛び散ったりするけど、 普段はそんな瞬間を止めてみることはできない。 その貴重な瞬間ばかりを狙って撮影した写真家がいる。 Carli Davidsonさん(@carli_davidson)が投稿した写真 - 2015 …

ネコ科の祖先? 絶滅したホラアナライオンが永久凍土から見つかる

「ナショナルジオグラフィック」の記事によると、ロシアのシベリアにある氷河期の永久凍土層から、絶滅したホラアナライオンが凍った状態で見つかったらしい。 CAVE LION found with skin and fur. AMAZING!!!!! (Image Academy of Sciences of Yakutia) htt…

エ●ブルの火災保険を個人手配したら約2万円くらい安くなった話

(今回のお話は猫とも動物ともまったく関係ないので、お詫びに猫の写真を貼らせていただきます) 筆者の住んでいる物件は、「エ●ブル」さんの管理物件である。 先日、2年目の更新を迎えて、一通りの更新手続きをしたのであるが、そのなかに「火災保険」の更…

「うちの猫が隣の家にタイガーのぬいぐるみをちょっと借りに行ってきた様子」という動画

猫がお隣さんの家からぬいぐるみを大事そうに咥えて戻って来る様子の、一部始終を収めたYouTube動画がなんとも愛らしいので紹介します。 Copyright:Borut Birsa このあと、ぬいぐるみはお隣さんの元へ戻ったのかどうかが気になるところです。

所変われば猫グッズも変わる。アメリカのAmazonで売っている衝撃の猫関連グッズ紹介

キャットフードや重い猫砂の購入に大変お世話になっているのが、ご存知巨大インターネット市場のAmazonさん。いまやアメリカからも送料さえ負担すれば物が買える便利な時代になりました。そこで、Amazon US で猫の関連グッズを探してみたら、さすがはアメリ…

洋服やカーペットについた猫の毛を一網打尽。最強のゴム手袋活用法

猫好きの逃れられない宿命のひとつが、「猫毛」との格闘。 いくらコロコロしても、どうしても洋服についてくる猫毛。 気をつけていても、なぜか料理に入っている猫毛。 洗濯機のホコリ取りネットは、猫毛が占領。 カーペットは猫毛で模様ができてしまう。 そ…

テイラー・スウィフトの猫があなたよりもはるかにいい暮らしをしている理由

[image source:Instagram user taylorswift] アメリカの人気シンガーソングライターで、女優でもあるテイラー・スウィフト。彼女は大の猫好きとして有名ですが、その猫の暮らしはあなたの予想をはるかに凌ぐほどラグジュアリーだ。 彼女のインスタグラムの投…

ゴリラのココちゃん2匹の子猫の親代わりになる

手話ができるゴリラとして有名なココちゃんが、今年のバースデーにねだったプレゼントは「赤ちゃん」。実は、ココちゃんは以前子猫をもらい大切に育てていたことがあったのですが、残念ながらその猫が車に轢かれて亡くなるという悲しい経験をしました。 猫を…

猫のフムスちゃんがファッション猫モデルになった理由

image source:Jason McGroarty アイルランドの写真家、Jason McGroartyさんの飼い猫フムスちゃんは、人間のモデル並みのファッションに身をつつんだ「猫モデル」。 なぜ、彼女が「猫モデル」になったのかというと、実は、フムスちゃんは「猫白血病ウィルス」…

iPhone6s、iOS9.0.2でSpotLight検索画面に出るニュースを消す方法

いきます。 「ホーム画面」 ↓ 「設定」 ↓ 「一般」 ↓ 「Spotlight検索」 ↓ 「Spotlightの検索候補」→ここをオフだにゃー! ニュースは、自分のタイミングで見たいというすべての人と猫のために。

もうすぐハロウィン。史上最高の猫のためのハロウィン仮装はこれだ

もうすぐハロウィン。普段は動物愛護の観点から猫さまに洋服を着せるなんてもってのほかという立場の筆者ですが、反面、可愛い猫様のコスプレはやっぱり見てみたいという葛藤もあり、ハロウィンくらいなら、猫さま同意のもとなら仮装させてもいいんじゃない…

Facebookに「ひどいね(dislike)」ボタンが遂に設置されるらしいので、シチュエーションを考えてみた

遂にFacebookが「ひどいね(dislike)」ボタンの設置を発表しました。 これまで、「いいね(like)」しかなかったことで、友人が体調を崩していたり、仕事でミスしちゃったり、社会的にひどいなというニュースがあっても、 「なんか共感を伝えたいけど、でも…

change.org「セシルの死を無駄にしない! アフリカライオンを守るための規制強化を求めます」賛同だにゃ

change.orgで展開中のキャンペーン。 セシルの死を無駄にしない!アフリカライオンを守るための規制強化を求めます #JusticeForCecilwww.change.org こちらに、猫の舌出版は賛同しました。 賛同される方、ぜひ署名を。 この10年、アフリカライオンの狩猟によ…

Kindle出版もついに・・・日本国内の販売には10月1日から消費税8%かかっちゃうよ

さわやかな秋のはじまりの朝に、KDPから一通のメールが。 「2015 年 10 月 1 日より日本の消費税が適用開始」 もう、タイトルそのものでテンション下がる内容なことが判明。 10月1日から、いままでの販売額から消費税8%引いた額が本体価格となり、本体価格…

実に奥深い。話題の動物「ハシビロコウ」さんっていったいどんな鳥?

まずは、話題のツイートをご覧ください。 神戸どうぶつ王国の「ハシビロコウ」こんな恰好で、休んでいるハシビロコウさんに初めて遭遇しました!3者の緊張感漂う「アフリカンウエットゾーン」何が起こるかわかりません。半日この前で過ごしました [twitter] …

Kindle源泉徴収税免除手続き 個人の場合に必要なITINの取得方法について

前の記事のつづきで、ここではITINの取得方法について説明していきます。 こちらが、Amazonの公式ヘルプのITIN申請手続きについての説明になります。 Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon の Kindle ストアでの電子出版に関するヘルプ こちら…

Kindle出版の源泉徴収税免除手続きに必要な納税者番号 個人の場合はEINではなくてITIN

筆者が電子書籍出版をはじめた当初は、個人でも法人でも米国の納税者番号を取得する際は、EIN(Employer Identification Number)を申請していました。 ところが、2015年8月現在、個人の場合はITIN( Individual Tax Identification Number)でないとダメな…

【検証】アメショを写メろうとしたらQRコード認証されちゃうってホント?

twitterで話題になっているのが、こちらの投稿。 親戚のおうちのアメショちゃん写メろうとしたらQRコード認証されてその場にいた全員でしばらく爆笑してしもうた…白黒だもんね……。 [twitter] なんと、アメリカンショートヘアはQRコードとして読み取ることが…

「絶対に見つかってなるものか」。動物病院に連れて行かれた猫たちの必死の抵抗

検診や予防接種で、動物病院に連れていかれることは、たいていの猫たちにとっては「絶対に避けたい」イベントに違いない。 平穏な日々が、ケージに入れられて消毒臭い建物に入ると、一瞬にして恐怖に変わることを知っている彼らは、診察室で必死の抵抗をみせ…

猫の瞳をマクロレンズで撮影したら宝石みたいに美しかった

[phillypetphoto.com] 猫の目はビー玉のように綺麗だ。 その美しい瞳を、マクロレンズで撮影した画像がこちら。 この作品は、フィラデルフィア在住の猫専門のカメラマンが撮影したもの。 「猫専門」というだけあって、なみなみならぬ猫愛を感じる作品だ。 [p…

世界でもっとも恐ろしい顔の猫、ヴァンパイアキャットは意外と可愛かった

2本の鋭い牙で、人間を襲うヴァンパイア。 ヨーロッパに古くから伝わる魔物で、映画の題材にも多く登場する、大衆に愛されるこの魔物。 しかし、今回われわれが目撃するのは、世にも恐ろしい「ヴァンパイアキャット」だ。 [Instagram] あれ、意外と可愛い。…

法廷で証言をする人の心を癒すのが仕事。裁判所犬を知ってますか?

[courthousedogs] 法廷で 「あの人が確かに犯人です!」 なんて言えるのは、ドラマや映画の世界。 実際、自分を傷つけた犯罪者と法廷で対峙するのは、被害者にとっては恐ろしい体験を思い出してしまうので、精神的にとても負担がかかるもの。 そんな法廷での…

ティディベアを抱っこするのが大好きな保護されたカンガルーの子ども

オーストラリアで母親のポケットから落下したか、もしくは母親が死んでしまったかで、保護されたカンガルーの子どもは、新しく与えられたお友達が大好きなようだ。 人間の子どもと同じように、ティディベアを抱っこする、カンガルーの子ども。 ぬいぐるみが…

エンパイアステートビルディングに映し出された絶滅危惧種の生き物をみて、人間の身勝手を実感するにゃ

8月1日に、ニューヨークのシンボルでもあるエンパイアステートビルディングに、巨大プロジェクションマッピングで絶滅危惧種の動物たちの姿が映し出されたにゃ。 巨大スクリーンと化したエンパイアステート。ビルの明かりがまだついている階があるのが個人…

ディズニー『ライオンキング』のアニメーターが、セシルのトリビュートとして描いたアート

先日、ジンバブエの人気ライオン「セシル」が、米国人の心ないハンターによって惨殺されたことは世界的なニュースとなりました。動物のハンティングに対する大きな怒りが広がるなか、ディズニーアニメの「ライオンキング」のアニメーターだった人物が、セシ…

【DIY】スマートフォンから飛び出す3Dホログラムを簡単に作れるにゃ

猫とは関係ない話題なので、猫語で紹介するにゃ。 ちょっといらっとするけど、許してにゃ。 さて、夏休みの工作で行き詰まっている小学生に朗報だにゃ。 なんと、ちょっとした工作で、スマートフォンで3Dホログラムを見る事ができるんだにゃ。 詳しくは、こ…

入浴する姿が超絶可愛い過ぎるのは、猫さまではなくてハリネズミさまだった

入浴する猫はかわいい。 たいていの猫は水は嫌がるので、めったに見れない光景ですが、毛がぺっとりなっちゃった入浴する姿は、心を奪われるほど可愛い。 でも、残念ながら入浴姿はハリネズミさんのほうが可愛すぎることを、認めざるを得ない証拠を入手しま…

7月31日は見たら幸せになるってうわさのブルームーンだにゃ

今日のニュースは猫と関係ないので、代わりに猫語でお届けしますにゃ。 ちょっといらっとするけど、許してニャ。 なんか、ちまたでは7月31日の満月は、珍しい「ブルームーン」だとかいって、騒がれているらしいのだにゃ。スーパームーンだとか、レッドムー…

ひょっとしてタイムトラベル? オーストラリアからアイルランド北部まで旅した猫さんが発見される

迷い猫が、10キロ離れた地点で保護されたなどという話は、たまに聞いて驚くことがあるけれど、アイルランド北部で保護されたこの猫さんは、とんでもない距離を移動していたのです。 彼の名前は「ティガー」。一見、どこにでもいる普通の猫に見えますが、実は…

アイドル並に可愛い「サンドキャット」が天使すぎる件

猫は可愛いのはもはや世界の常識。 では、猫科のなかでいちばん可愛いのは? と聞かれたら、多分即答できないであろう。 が、ここ最近、猫界でアイドル並みの可愛さをもつ「サンドキャット」の人気が急上昇中。その天使過ぎる外見にみんなやられてしまってい…

猛暑だにゃ。夏の暑さを乗り越えるためのユニークな猫のヘアカット

本格的な暑さが到来で、我が家の猫たちもぐったりと伸びております。 長毛種の場合、夏には思い切ってヘアカットをする場合も多いのでは? 絶対に可愛くなる「ライオンカット」は有名ですが、海外では遊び心のある猫のヘアカットにチャレンジしている飼い主…

102歳の心優しいご婦人がシェルターで猫を引き取った写真が感動的過ぎる

facebookを中心に「なんて心が温まるのだ」と話題になっている1枚の写真があります。 それは、猫の保護施設に、家族になる猫を探しにきたご婦人と、新しく家族として引き取られた猫さんが一緒に写っているこちらの写真。 [facebook] このご婦人の年齢はなん…